ワキガの男女比は女性が60%、男性が40%

ワキガ持ちは男と女、どちらが多いか、、、ですが、脇が病院などのクリニックに診療を受けに行くのは女性が90%のようです。男性はなかなか診療にいくことは少ないようです。


とくに男性は、「わざわざ治療を受けるのは面倒くさい」
「男がワキガ手術をうけるなんて恥ずかしい」

と思う方がほとんどのようです。
ただワキガ臭を強くはなっている男性をよく見かけます。


肥満体質は注意!

とくに肥満体質の男性に多く、夏場などワイシャツの脇のあたりが(汗)びっしょりになっている人は、離れていてすぐその匂いがわかるほどです。
肥満傾向にあると汗をかきやすく、ニオイのものである上在勤によって分解されたニオイ汗が皮脂と混じり、普通汗によって、拡散することで、より臭いを強くします。


男性の場合、わき毛をそのままにしているので、さらにニオイを増幅させてしまうのです。


女性であれば、夏にはノースリーブやタンクトップなどの脇が開いた衣服を着て、化粧室などでこまめに汗をふき取ることができますが、男性の多くは朝に家を出て、夜になって、家に帰ってからワイシャツを脱ぐまで、そのままにしているケースが大半です。


その為、脇が体質の男性は夏になるのが恐いといいます。最近ではクールビズの流行により、ネクタイを締めない男性も増えてきましたが、一般的なワイシャツの素材は風を通しにくく、いくらネクタイを締めていなくとも夏には大量の汗をかいてしまうのです。


しかし、冬は大丈夫かというと、安心はできません。汗は自然に吹き出るものであり、コントロールできないものです。
それほど汗をかいていないと思っていても、冬場に上着やコートを脱いだとき、むっとしたワキガ特有のにおいを発散させる男性は少なくありません。
こうしたことによって、ワキガの悩みは1年を通じたものになっていしますのです。ただ、女性は男性と比較してアポクリン感染が多く分布しており、性ホルモンの影響によってワキガになりやすいという事実があります。
そのほか、女性は皮下脂肪が男性と比べて厚いため、皮脂を分泌しやすいということも理由として挙げられます。
そのためワキガの男女比は女性が60%、男性が40%と推測されています。




おすすめワキガ改善グッズ

関連ページ

毛深い人はワキガの可能性が、、、
毛深いひとはワキガですか?
ワキガは遺伝するのか?
ワキガって遺伝的要素ありますか?
ワキガを悪化させる原因・食事
ワキガを悪化させる食事
汗を多くかく原因はストレスや緊張
汗を多くかく方は要注意!