全身多汗症は遺伝によるものもある

さて、多汗症と一口に言ってもさまざまな種類があります。
まずは順を追って解説してみることにしましょう。


最初に全身性多汗症ですが、これは文字通り胸や背中、お腹、お尻、脚の大腿部など、全身から大量の汗をかいてしまう疾患です。
なぜ、こうした大量発汗が起きるかというと、脳の視床下部にある体温調節中枢の以上のほか、急性リウマチやバセドー病、結核、婦人病、更年期障害、などの病気によってホルモンバランスに変調をきたして発症するケースも見られます。


また、先天的な精神性発汗になりやすい体質や性格の遺伝のほか、これらの合併症として現れることもあります。
そのため全身性多汗症は、それぞれの専門医に相談して、その原因となっている疾病を治療することから始めなければなりません。




おすすめワキガ改善グッズ

関連ページ

多汗症とワキガはどちらがつらい?
多汗症も心理的負担が大きい
手のひらの汗は手掌多汗症が原因!?
手掌多汗症とは