おすすめワキガ改善グッズ

ワキガ治療比較記事一覧

ワキガ治療は、ワキガの原因となるアポクリン汗腺や多汗症の原因となるエクリン汗腺を切除・摘出してしまえば、きれいさっぱり改善できます。しかし、現実ではその手術に、痛みを感じたり、ワキガが再発したり、強い副作用や、後遺症がのこったりというのが実際のところです。特に脇が治療の再発に関しては、汗腺をすべて除去・摘出したはずなのに、実際にはそれが残ってしまい、再発してしまうという症例もあるようです。また、確...

いまでは最新のワキガ治療方法が出ています。ですが、人間は高い自己再生能力があります。例えば、怪我をしても傷口はふさがりますし、骨折しても、骨は引っ付きます。ワキガの原因ともなるアポクリン汗腺にしても同様で、人為的な方法で破壊しても高い再生能力によって再び組織がよみがえり、ワキガの原因ともなり得ないのです。その為、汗腺の破壊治療ではなく、切除法や、剪除法(せんじょほう)のように汗腺を根こそぎ取り去っ...

ワキガ治療の切除法ですが、これはわき毛の生えている部分に沿って、皮膚を削り取ってしまう方法です。メリットとしては、アポクリン汗腺やエクリン汗腺を根こそぎとることになるため、ワキガや多汗症は完全に封じられ、再発することもないです。しかし、その手術の範囲が広いことと、相当の出血があるので、復帰までは2週間以上の安静が必要でした。切除後は、周囲の皮膚を引き寄せるようにして縫合するため、どうしても脇が引き...

ワキガ治療のひとつである剪除法(せんじょほう)ですが、これはわきの下に4〜5センチの切れ目を入れて皮膚を裏返し、目視によって汗腺を確認しながら切除していく方法です。この方法は皮膚を裏返すことから反転剪除法とも呼ばれているのです。剪除法は、皮膚を裏返しておいて手術後元に戻すため、切除法のように脇が引きつれるようなことがありません。しかし、メスを入れることによって、傷痕が残るほか、脇の黒ずみが発生した...

つぎにに登場したのが、皮下組織削除法で、特殊なローラーを装着したハサミ上の専用器具を使用して皮膚内部の組織を均一に掻き取ります。皮下組織削除法ではアポクリン汗腺だけでなく、エクリン汗腺や皮脂腺なども除去できるため、かなり進化したものと評価できます。実際にはわきの下に2〜4センチほどの切込みを入れ、そこから汗腺類を掻き取るのですが、脇全体を処理する場合もすべてこの1箇所の穴からアプローチします。とこ...

現在、美容外科クリニックで採用されているのが皮下組織吸引法です。これは、わきの下にすうミリの小さな穴を開けて、そこから、カニューレと呼ばれる細い管を差し込んで汗腺類を書き取りながら吸引する方法で、腹部や太ももなどの脂肪吸引技術から派生した術式です。皮膚を切開するのではなく、小さな穴を空ける方式のため、傷痕はほとんど残りません。体への負担も小さく、術後の回復も早いことから入院の必要がないということが...

そのほか、レーザーを使用したワキガ治療もあります。レーザーサクション法レーザーサクション法はわきの下を3ミリほど切開し、特殊な治療器を進入してレーザーを照射するもので、アポクリン汗腺とエクリン汗腺を破壊して吸引します。マイクロレーザー法他には直径1ミリのレーザーファイバーを毛根部に進入してレーザーを照射し、破壊された汗腺を吸引器具で吸いだすマイクロレーザー法があり、メスを使わない脇が治療法として人...

ここ数年、ワキガ治療の最先端治療として人気を集めている超音波法ですが、数多くのメリットがあるものの、万全な治療法とはいえない事実があるようです。まず、超音波療法はわきの下に数ミリの穴を開けて、そこから超音波発生器を侵入させます。それから超音波を発生させて汗腺類を破壊し、壊れた汗腺類を吸引するというものです。限定した周波数を使用することで汗腺類にのみダメージを与え、他の血管や神経、組織を傷つけること...

確実性の高い脇が治療として高く評価されているのが、ハイブリッドマイクロシェーバー法です。ハイブリッドマイクロシェーバー法とは、従来のマイクロシェーバー法を改良して神経と血管を選択的に温存し、ニオイの原因組織を目で一つ一つ確認しながらていねいに取り除く、今までの治療法を格段に改良した、体に優しいワキガ・多汗症・黄ばみの専門治療法です。ハイブリッドマイクロシェーバー法破、わきの下に局所麻酔をしてから5...