ワキガ治療の切除法について後遺症など、、

ワキガ治療の切除法ですが、これはわき毛の生えている部分に沿って、皮膚を削り取ってしまう方法です。


メリットとしては、アポクリン汗腺やエクリン汗腺を根こそぎとることになるため、ワキガや多汗症は完全に封じられ、再発することもないです。
しかし、その手術の範囲が広いことと、相当の出血があるので、復帰までは2週間以上の安静が必要でした。


切除後は、周囲の皮膚を引き寄せるようにして縫合するため、どうしても脇が引きつってしまい、腕が上がりにくくなったり、動作に不自然な要素が出てくるようになるのです。


さらに、血管や精神にも負担がかかり、むくみや運動障害などの後遺症が数多く報告されていました。
傷痕も大きく、とてもノースリーブやタンクトップなどの露出する服は着れなくなってしまいます。
そのため脇が治療に切除法は現在ではあまり行われていません。
ですが、いまではもっと効率のよいワキガ治療法があるのです。




おすすめワキガ改善グッズ

関連ページ

ワキガ治療の実際
ワキガ治療を受ける前に見ておこう!
ワキガ治療病院の選び方のポイント
ワキガ治療病院の選び方を紹介!
ワキガ治療手術の剪除法について
剪除法はこのようなワキガ治療です。
ワキガ治療手術の皮下組織削除法について
皮下組織削除法について紹介
美容外科クリニックでの皮下組織吸引法とは
皮下組織吸引法について紹介
メスを使わないワキガ治療手術はレーザーサクション法
ワキガ手術のレーザーサクション法について
超音波のワキガ手術治療
超音波のワキガ治療は効果あるのか?
ハイブリッドマイクロシェーバー法
半永久効果があるとされているワキガ治療手術のハイブリッドマイクロシェーバー法について