高度なテクニックが求められるワキガ治療の剪除法

ワキガ治療のひとつである剪除法(せんじょほう)ですが、これはわきの下に4〜5センチの切れ目を入れて皮膚を裏返し、目視によって汗腺を確認しながら切除していく方法です。
この方法は皮膚を裏返すことから反転剪除法とも呼ばれているのです。


剪除法は、皮膚を裏返しておいて手術後元に戻すため、切除法のように脇が引きつれるようなことがありません。
しかし、メスを入れることによって、傷痕が残るほか、脇の黒ずみが発生したりもします。
脇のシワに剃ってメスを入れれば、ある程度、傷痕を目立たなくさせることは可能ですが、やはりメスを入れるということで少なくない出血があるほか、回復には時間を要します。


またアポクリン汗腺は皮膚の奥のほうに、エクリン汗腺は皮膚の表面近くに存在しています。
そのために、剪除法ではアポクリンせんを切除するのは容易なのですが、エクリン汗腺を同時に切除するとなると高度なテクニックが要求されます。


これに失敗してしまうと、皮膚に穴を空けることになり、大きな傷痕を残してしまいます。


ワキガは多汗症と併発しているケースが多いため、できることなら同時に治療したいと思っても熟練を要する、剪除法では、こうしたリスクを伴ってしまうほか、時間がかかるために費用も割高になってしまいがちです。




おすすめワキガ改善グッズ

関連ページ

ワキガ治療の実際
ワキガ治療を受ける前に見ておこう!
ワキガ治療病院の選び方のポイント
ワキガ治療病院の選び方を紹介!
切除法
ワキガ治療の切除法について
ワキガ治療手術の皮下組織削除法について
皮下組織削除法について紹介
美容外科クリニックでの皮下組織吸引法とは
皮下組織吸引法について紹介
メスを使わないワキガ治療手術はレーザーサクション法
ワキガ手術のレーザーサクション法について
超音波のワキガ手術治療
超音波のワキガ治療は効果あるのか?
ハイブリッドマイクロシェーバー法
半永久効果があるとされているワキガ治療手術のハイブリッドマイクロシェーバー法について