新たにレーザーを使用した脇が治療手術も

そのほか、レーザーを使用したワキガ治療もあります。

レーザーサクション法

レーザーサクション法はわきの下を3ミリほど切開し、特殊な治療器を進入してレーザーを照射するもので、アポクリン汗腺とエクリン汗腺を破壊して吸引します。


マイクロレーザー法

他には直径1ミリのレーザーファイバーを毛根部に進入してレーザーを照射し、破壊された汗腺を吸引器具で吸いだすマイクロレーザー法があり、メスを使わない脇が治療法として人気が高まってきました。


ただ、レーザーも完全ではなく、破壊されなかった、あるいは吸引し切れなかった汗腺がそのままたまり、ワキガが再発してしまう可能性があります。
メスを入れないワキガ治療ということで体への負担は軽いといえます。




おすすめワキガ改善グッズ

関連ページ

ワキガ治療の実際
ワキガ治療を受ける前に見ておこう!
ワキガ治療病院の選び方のポイント
ワキガ治療病院の選び方を紹介!
切除法
ワキガ治療の切除法について
ワキガ治療手術の剪除法について
剪除法はこのようなワキガ治療です。
ワキガ治療手術の皮下組織削除法について
皮下組織削除法について紹介
美容外科クリニックでの皮下組織吸引法とは
皮下組織吸引法について紹介
超音波のワキガ手術治療
超音波のワキガ治療は効果あるのか?
ハイブリッドマイクロシェーバー法
半永久効果があるとされているワキガ治療手術のハイブリッドマイクロシェーバー法について