ワキガ治療の超音波法では効果も少なくやけどのおそれも

ここ数年、ワキガ治療の最先端治療として人気を集めている超音波法ですが、数多くのメリットがあるものの、万全な治療法とはいえない事実があるようです。
まず、超音波療法はわきの下に数ミリの穴を開けて、そこから超音波発生器を侵入させます。
それから超音波を発生させて汗腺類を破壊し、壊れた汗腺類を吸引するというものです。


限定した周波数を使用することで汗腺類にのみダメージを与え、他の血管や神経、組織を傷つけることがないとアピールしていますが、実際には汗腺を破壊するほど超音波を当てると、発生した熱によって皮膚がやけどをしたり、組織内水腫の合併症が発生したとの報告もあるようで、これも完璧なワキガ治療とはいえません。


さらに、アポクリン感染の取り残しも多いようで、手術後に高周波をもちいた電気メスでアポクリン汗腺を焼いてしまうという後処理も行われているそうです。




おすすめワキガ改善グッズ

関連ページ

ワキガ治療の実際
ワキガ治療を受ける前に見ておこう!
ワキガ治療病院の選び方のポイント
ワキガ治療病院の選び方を紹介!
切除法
ワキガ治療の切除法について
ワキガ治療手術の剪除法について
剪除法はこのようなワキガ治療です。
ワキガ治療手術の皮下組織削除法について
皮下組織削除法について紹介
美容外科クリニックでの皮下組織吸引法とは
皮下組織吸引法について紹介
メスを使わないワキガ治療手術はレーザーサクション法
ワキガ手術のレーザーサクション法について
ハイブリッドマイクロシェーバー法
半永久効果があるとされているワキガ治療手術のハイブリッドマイクロシェーバー法について