ワキガ治療選びのポイント

いまでは最新のワキガ治療方法が出ています。
ですが、人間は高い自己再生能力があります。


例えば、怪我をしても傷口はふさがりますし、骨折しても、骨は引っ付きます。
ワキガの原因ともなるアポクリン汗腺にしても同様で、人為的な方法で破壊しても高い再生能力によって再び組織がよみがえり、ワキガの原因ともなり得ないのです。


その為、汗腺の破壊治療ではなく、切除法や、剪除法(せんじょほう)のように汗腺を根こそぎ取り去ってしまうことがベストなのですが、これらのワキガ治療は術後に大きな傷痕が残ったり後遺症が心配です。


そういった心配から、最新のワキガ治療方法が開発されたわけですが、人間の再生能力を考えると、どうしても再発ということを意識しなければなりません。
また、患者さんが、未成年の場合は、感染が十分に発達していない可能性があります。
つまり汗腺が未発達の赤ちゃんのようなものなので、ワキガ治療後に、赤ちゃんだった汗腺が発達してワキガの原因となりえることも考えられます


術後集までケアするのが、ワキガ治療院選びのポイント

そのほか、ワキガの手術を受けると、わき毛がなくなってしまったり、薄くなったりしてしまいます。
これはアポクリン汗腺が毛根に近接しているためで、アポクリン汗腺を除去することによって毛根もダメージを受けるからです。


女性の場合はワキガ治療とわき毛の永久脱毛が同時に実現できるため、わき毛がなくなることは大歓迎なのでしょうが、男性にとっては複雑なところでしょう。


銭湯や公衆浴場などに行ったときにわき毛がないことに、抵抗を覚える方もあるのではないでしょうか。
なのでワキガ治療の事前に、医師から説明を受けるようにしてください。


また気をつけたいのは脇が治療や手術の跡に、術後臭と呼ばれる症状を訴える方がいます。
これはワキガは改善されたものの、スソワキガや全身のアポクリン汗腺から、分泌される汗のにおいが気になってしまうという現象です。
よいワキガ治療病院の選び方は、こういった術後臭にもしっかりと、耳を傾けてくれるところでしょう。



おすすめワキガ改善グッズ

関連ページ

ワキガ治療の実際
ワキガ治療を受ける前に見ておこう!
切除法
ワキガ治療の切除法について
ワキガ治療手術の剪除法について
剪除法はこのようなワキガ治療です。
ワキガ治療手術の皮下組織削除法について
皮下組織削除法について紹介
美容外科クリニックでの皮下組織吸引法とは
皮下組織吸引法について紹介
メスを使わないワキガ治療手術はレーザーサクション法
ワキガ手術のレーザーサクション法について
超音波のワキガ手術治療
超音波のワキガ治療は効果あるのか?
ハイブリッドマイクロシェーバー法
半永久効果があるとされているワキガ治療手術のハイブリッドマイクロシェーバー法について